新しい経営学

最終更新: 9月1日






















≪著者≫

三谷宏治

≪問い≫

経営学とは何か

≪概要≫

経営学とは、経営者の学ぶべきことの集合体であり、専門分野の集合体です。それらすべての専門家にはなれませんが、経営者はそのすべてに方向性を示さなければなりません。そのために学ぶことが経営学です。

1. 6分野2レベルからなる

経営学は主に、1)経営戦略、2)マーケティング、3)アカウンティング、4)ファイナンス、5)人・組織、6)オペレーションの6分野からなります。さらにこれらの分野も1)全社レベル、2)事業レベルの2レベルからなります。

事業レベルとは事業部長やプロダクトマネージャーが、前者レベルとは企業の経営陣が考えるべきことなのです。

2. ビジネスモデルとは

ビジネスモデルとは、ビジネスを単純化し、事業を機能横断的な共通の視点で見たものです。このビジネスモデルは1)ターゲット、2)バリュー、3)ケイパビリティ、4)収益モデルの4要素で構成されます。事業経営とは、自社独自のビジネスモデルを創り上げ、それを回していく活動です。

3. IT/AIの活用

上記4つの視点のほかにも重要な3つの視点があります。その1つがIT/AIの活用です。このAI大活用時代において、若きAI人材たちが育ち、活躍できる組織に変わっていかなければ今後の企業に発展はないのです。そしてそれはトップやミドルの覚悟と勉強から。とにかくトップはテクノロジーのリテラシーをひたすら高めておく必要があります。

≪こんな人におすすめ≫

・経営陣

経営学を分かりやすくまとめた本です。経営学というと胡散臭いですが、その正体は様々な専門分野の寄せ集めです。会計だけ、人だけ、と切り取って学ぶからうさん臭いコンサル感が出てきます。まとめて一気に学んでしまう、これが大切です。

≪併せて読みたい書籍≫

・世界標準の経営学


コワーキングスペースブシツは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

16回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。