怒らない伝え方





















≪著者≫

戸田 久美

≪問い≫

どのように伝えるのか

≪概要≫

怒りは人間にとって自然な感情です。怒る必要があることには怒ってもいいのです。大切なのは、伝え方を工夫することです。それにもかかわらず「怒ることで人間関係を悪くしたくない」という思いから、「怒れない…」という悩みを持っている人が急増しています。

1. 正しい怒り方

1)犯人捜しではなく問題箇所の特定と解決策の策定を一緒に行う

2)困りごと、直してほしいことは単刀直入に具体的に言う(ただし主語は「私」)

3)許せない範囲をころころ変えず、一貫させる

4)短く伝える、長いアドバイス=説教と自覚する

5)主張だけでなく相手の言い分を聞く、相手の背景を考える

2. 怒りのタイプ

1)原因追求型(なんでこんなことしたのか、理詰め)

└勝ち負けで判断、優位に立ちたい

2)決めつけ型(いつもそうだよね、絶対そうだよね)

└優位に立ちたい、相手に嫌な思いをさせたい

3)自分ルール押しつけ型(常識的に考えて○○、〇〇すべき)

└許容範囲が狭い、内向き

4)気分でやつあたり型(ドアを大きな音でしめる、ため息を聞こえるように付く)

└許容範囲が狭い

5)一方通行型(つべこべ言わずやれ)

└許容範囲が狭い、リーダーシップが分からない、語彙力が無い

3. 伝え方

1)人格ではなく行動に注目する

2)何がどう変わって欲しいか具体的に伝える

3)「私は」を主語にして伝える

4)態度は冷静に

5)相手と対等な立場に立つ

6)「自分が正しい」というスタンスに立たない

7)相手の怒りに過剰反応しない

≪こんな人におすすめ≫

・怒って後悔したことがある方

≪併せて読みたい書籍≫

・怒りが消える心のトレーニング

・自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック


2回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。