小さな会社の人事評価制度パーフェクトバイブル

最終更新: 9月1日





















≪著者≫

山藤 茂

≪問い≫

小さな会社はどのように人事評価制度を構築するか

≪概要≫

人事評価制度の運用において最も大切な取り組みは「評価結果のフィードバック」です。極論すると、制度そのものに少々不満があっても、適切なフィードバックを行うことで、社員のモチベーションを行うことで、社員のモチベーションアップに繋がれば、その人事評価制度は成功です。

1. 会社の課題の発生源

1)業界・規制・競合の環境変化

2)顧客・取引先の環境変化

3)社内規制・基準の不適合

4)社内管理システム・管理方法の不適合

5)組織風土の未熟さ

6)人材のスキル・モチベーションの不足

2. 評価制度に必要なこと

1)会社の課題から評価制度が設定されている

2)評価される内容が明確で基準が理解されている

3)評価項目が成果・プロセス・能力の三つから構成されている

4)評価されることで社員が自分の現状を理解できる(重要)

5)フィードバックが適切になされ、改善策を自分で考えられる

6)業績向上につながっている

7)評価者が適切に精度高く評価できる仕組みがある

3. 運用に向けて

制度運用の主役は社員である。まずは社員に制度の意味や内容を正しく理解してもらうことが必要。運用の具体的な勧めから、評価者・被評価者の役割・責任の明確化である。

その際に社員一人一人の意識・意欲の問題が一番厄介であるが、その要因は上司や経営幹部に問題があるケースが圧倒的に多い。「お互いがお互いの腹の探り合いで本音を言わない、良い提案があるけど言い出しっぺが損をするので何も言わない、ミスをしても隠してしまう、上司はいつも一方的な指示ばかりで自分の価値観を押し付けてくる、肝心な時に上司は何も助けてくれない、社長はワンマンで何を言っても聞き入れてくれない、上は何を考えているのか分からない、どうせ言っても無駄...と思わせてしまうのは経営陣が良好なコミュニケーションをとっていないからだ。

そして良好なコミュニケーションには、相手の仕事・立場・心情を理解し、共通の見解を見出すことが必要である。

≪こんな人におすすめ≫

・中小企業経営者

具体的な評価制度構築のステップや内容が記載されている。これから評価制度の導入、刷新を考えている人は、是非読んでみてはいかがでしょうか。

≪併せて読みたい書籍≫

・中小企業の人事評価・賃金制度のつくり方



※)コワーキングスペースブシツは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

0回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。