先代を超える「2代目社長」の101のルール

最終更新: 9月1日























≪著者≫

長井 正樹

≪問い≫

事業承継に必要な知恵は何か

≪概要≫

後継者のみなさんは、心から今の会社を継ぎたかったのでしょうか。いまからでも遅くありません。後継者としての覚悟を決めましょう。社員とその家族、お客様、取引先、地域社会、もちろんみなさんの家族、全てに対して責任があります。継がないという選択肢を完全に捨て去ることで、後継者はほんようのスタート地点に立てるのです。

1. モヤモヤ期

やり場のない不安や怒りが経営者になった直後は襲います。平衡感覚を失い、常に船酔いしているような状態です。そんなときがくる、と構えておくことが大切です。

2. 自分には何も力はない

自分がいなくても会社は基本的に回る。社長の仕事はカネを出す、知恵を出す、追い出すことだ。特に先代には十分な退職金を支払おう、それが父離れに繋がる。

3. 後継者の見られ方

周囲は後継者の誠実さを見ている。失敗しても若いから大丈夫、いかに新しいことに誠実にチャレンジしているか、周囲の人間と誠実に接しているか、が重要。

4. 父の生き様に立ち返る

迷ったときは父の生き様を見る。どんなことをしてきたのか、どんな汗をかいたんか、何故この業態を選んだのか、どんな人生観を持っていたのか。これらが後継者の指標となる。とはいえ、毎回父ならどうしていたかを考える必要は全くない。

また、まず事業承継したら、先代の顧客を中心にマーケティングしよう。そこから縦に横に広げていくことだ。

≪こんな人におすすめ≫

・家業を継ごうか悩んでいる

・就活がうまくいかず悩んでいる

・ファミリービジネスでの生活に誇りが持てない

≪併せて読みたい書籍≫

・「後継者」という生き方

・アトツギが日本を救う


※)コワーキングスペースブシツは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

5回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。