リーダーのためのコーチングスキル





















≪著者≫

谷 益美

≪問い≫

いかにメンバーを動かすか

≪概要≫

今後企業が確実に成果を上げていくためには、メンバー一人一人の力を最大限に引き出す現場リーダーの存在がもはや欠かせないものとなりました。そのためにも相手を動かし、成長させるリーダーの「影響力」をしっかり磨くことが必要なのです。そのような中で、相手に働きかけ、変化と行動、成長を促すコーチングのスキルは、きっと皆さんの強力な武器になるはずです。

1. 聞く

コーチングとは引き出すコミュニケーションですから、相手の話を聞くことができれば基本はOKと言っても過言ではありません。誰かの話を聞く、ということは、相手の「話す機会」を作っているということです。聞く際のコツは以下の7つです。

1)座るポジションを意識する

2)アイコンタクトをとる

3)うなづく

4)相槌を打つ

5)話を促す

6)オウム返しする

7)ペースを合わせる

2. 質問する

まず勘違いしてほしくないのは、質問するのは自分のためでなく相手のためです。情報収集型ではなくコーチング型の質問の仕方をしましょう。相手がよりよく考えられる手助けをするのです。こうして相手に気付かせてあげることが成長に繋がります。ちなみにもし言いたいことがある場合、誘導みたいな質問はやめて、ズバッと伝えましょう。

また相手に考えさせる際に重要なことはこの2つです。

1)一度に一つの質問をする

2)質問したら沈黙する

「うーーーん」と悩み始めたら相手が頑張って考えているサインです。良い質問ができた、と自分を褒めてあげましょう。

3. 伝える

相手の話を聞く、相手の思考を促すことも大切ですが、相手に伝わるように伝えることも同じように重要です。

1)自分の話にタイトルとナンバーを振ろう

2)事実ベースでフィードバックし反省ではなく改善を促そう

3)何がどうすごいのかを具体的に伝え、見ていることを分かってもらおう

4)「Iメッセージ+根拠」で感謝を伝えよう

5)自分の思いを伝えるための表現の幅を増やそう

≪こんな人におすすめ≫

・リーダー

≪併せて読みたい書籍≫

0回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。