マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメントらけ・休めない働き方

最終更新: 2020年9月1日




≪著者≫

沢渡 あまね

≪問い≫

マネージャーの役割は何か

≪概要≫

必要なマネジメントの全体像を把握し、足りてないものを明確にし、チームで解決する。外の力を借りながらこなれさせていけばいいのです。

1. 意識合わせより「景色合わせ」をする

立場が違うと意識を合わせることは難しい。それよりも「どんな景色を見ているのか」「どこがずれているのか」「見落としはないか」を上司と部下で共有した方が良い。これらを共有するための論点は下記の5つである。

目   的:この仕事は誰のため、何のためにやるのか

インプット:成果を得るためにどんなリソースが必要か

成 果 物:生み出すべき完成品の状態と期限と提出先は何か

関 係 者:巻き込むべき人は誰か

効   率:その仕事の生産性、費用対効果はどれくらいか

2. 仕事を手放す勇気と仕組み

現場を離れるのが寂しい、自分のこだわりを捨てられない、部下を信頼していない、仕事の範囲や権限が曖昧、自分の仕事が整理できていない、などの理由で自分が全てやってしまうマネージャーがいる。まずは自分の業務を棚卸してみよう。その業務を

1)マネージャーとしての仕事

2)プレイヤーとしての仕事

3)定常業務

4)非定常業務

のマトリクスで整理し、どの仕事を任せるか決めよう。

仕事を任せる際には、

1)報連相のルール

2)マネージャーの関わり方

3)使えるリソース

4)緊急時の強力な統制

を部下に示してあげよう。


3. マネジメントすべきこと

コミュニケーション:社内外の必要なコミュニケーションを発生させる

リソース:必要なリソースを明確にし調達する

オペレーション:業務を効率よく行うための仕組みを整える

キャリア:成長に必要な要件を定義しメンバーにその機会を与える

ブランド:組織と担当業務の価値を高める

これらをマネジメントするために必要な行動は

1)ビジョニング

2)課題発見/設定

3)育成

4)意思決定

5)情報共有

6)モチベート

7)調整/調達

8)生産性向上

9)プロセス作り

の9つである。

≪こんな人におすすめ≫

・新任のリーダー

・部下との接し方に困っている上司


≪併せて読みたい書籍≫

・職場の問題地図



17回の閲覧0件のコメント