ブルー・オーシャン戦略

最終更新: 9月2日






















≪著者≫

W・チャン・キム

レネ・モボルニュ

≪問い≫

どのようにブルー・オーシャンを生み出すか

≪概要≫

競合他社と似通った価値曲線が暗示するのは、その企業はレッド・オーシャンの血みどろの競争から抜け出せそうもない、ということである。コストか品質で他社の上を行こうとする戦略を取っているのだ。一方、優れた戦略には三つの特徴がある。1)メリハリ、2)高い独自性、3)訴求力のあるキャッチフレーズ、だ。

1. 市場の境界を引き直す

多数の可能性の中から、商業的に魅力あふれるブルー・オーシャンをいかに見出すかが重要である。このような市場の境界を引き直すための、どの業界にも応用できる六つのアプローチが存在する。

1)代替産業に学ぶ→顧客にとって同じ目的・同じ財布の別産業に注目

2)業界内の他の戦略グループから学ぶ→バリュープロポジションに注目

3)別の買い手グループに目を向ける→購買者、利用者、影響者の切り口に注目

4)補完材や補完サービスを見渡す→顧客が利用前・中・後に同時利用するモノ・コトに注目

5)機能志向と感性志向を切りかえる→業界の志向と異なる志向に注目

6)将来を見通す→顧客価値とビジネスモデルの未来に注目

2. 新たな需要を掘り起こす

既存顧客以外に視線を向け、その顧客が共通して重んじる要素をテコとして使うのだ。既存顧客以外の非顧客層には三つのパターンが存在する。これらの非顧客層と既存顧客の共通点を見出し、商品・サービスを訴求いていく。

1)市場の縁にいるが、すぐに逃げ出すかもしれない層→より良い選択肢を与える

2)あえてこの市場の製品やサービスを利用しないと決めた層→低価格化かそもそもの欲求を満たしてあげる

3)市場から距離のある未開拓の層→関係を持ってある

3. 組織面のハードルを越える

変革を進め、成果を出すためには長い時間と多大な経営資源が必要である。既存事業の抵抗力・引力を抑え変革を推進していくためには“ティッピング・ポイント・リーダーシップ”を用いて組織内の常識を逆転していく必要がある。

ティッピング・ポイント・リーダーシップのカギは、拡散ではなく集中である。どの組織にも業績にとりわけ大きく影響を及ぼす人、出来事、行動などが存在するが、この事実は稀にしか活かされていない。ここにむけて資源を集中させ、四つの問いに答えていくのだ。

1)どの要因や行動が重要そうか

2)成功にとって重要な経営資源は何か

3)核となる人材を巻き込むものは何か

4)政治的な駆け引きを無くすにはどうするか

≪こんな人におすすめ≫

・経営者

戦略策定や実行に向けたフレームワーク(戦略キャンバスや価値曲線)、事例が豊富に書かれている。今、レッド・オーシャンの中で苦しんでいる方の一助となれば幸いだ。

≪併せて読みたい書籍≫

・ジョブ理論

コワーキングスペースブシツは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

21回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。