ハンドメイドを副業にするには?~呉市出身のハンドメイドデザイナーに聞いてみた~



私はハンドメイド歴1年です。きっかけは、「オムツポーチが欲しいけど買うと高いし、もっと枚数が入るのがいいな。自分で大きい物を作ってみよう!」でした。

お気に入りの布で自分の使いやすいように作った世界に一つだけの作品。その達成感が病みつきになり母にミシンを借りて、本格的にハンドメイドを始めました。

YouTubeや本を参考にしながらお薬手帳ケースなど家族の物を作りました。喜んでもらえて、節約にもなる。上手くなったらプレゼントしたりフリマアプリで販売してみたい!と夢は膨らみました。そこで、ハンドメイドデザイナーとして活躍している友人に話を聞いてみました。

気軽に販売が始められる

★「ハンドメイド作家になるにはどうしたらいいですか?」

☆「現在は自分のサイトを持たなくても、ハンドメイドサイトやフリマアプリで気軽に作品の販売が始められます。SNSと連動させてそういったオンラインショップへの誘導もできます。SNSはターゲットを絞ってアピールしやすく、イベント出店や企業からの提案依頼も見込めます。まずは、自分のオンラインショップを持ち、SNSと連動させて活動の基盤を持ちましょう。」

★「商品を売るために必要な事は?」

☆「人気作家さんに共通しているのは、ターゲット層を絞る事とブランドコンセプトの明確化です。世界観をつくり上げ、扱うジャンルにはとことんこだわる。そうする事で消費者は安心感を得られ、購入後の高い満足感に繋がります。」

★「人気の理由は?」

☆「アクセサリーなどの人気ジャンルやトレンドに合わせすぎた作品では、ライバルが多く難易度が上がります。私の場合、最初はスニーカーのリメイクから始めました。当時はスニーカー作家が少なく、ピックアップされやすかったです。家族やカップルでさり気なくお揃いにできるという点も人気が出た理由の一つだと思います。

徐々に認知度を上げていき、企業からのオファーを受けてアクセサリー制作も始め活動の幅が広がりました。」

愛されるブランドをつくる


★「ブランドを育てるには?」

☆「愛されるブランドになるには、オンラインといえどお客様に愛情を持って接しなければいけません。その手段として、手書きの手紙を添えた梱包は丁寧に気持ちを込めています。

目に止めてもらえるような作品を作れるか、ファンで居続けてもらえるかといったポイントを押さえ、長期に渡って取り組むことが大切です。」

★「この仕事をしていて良かった事は何ですか?」

☆「お客様に『身につけていると褒めてもらえるんです!』と暖かいメッセージをいただきとても励みになりました。SNSでの応援コメントや対面販売イベントでは直接顔を見てお話ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。好きなことをして評価してもらえる。それが何よりも私の生きがいです。」

「家事や育児の隙間時間に」と軽い気持ちで始めたハンドメイド。人気作家になるためには、お客様への愛情やニーズに合った作品作り、時代の流れを読んだりなど様々なアンテナを張って「ブランド力」をつけていく事が大切だと分かりました。

私の場合はまず、簡単にできる事から始めていきたいので、家族や友人へのプレゼントとして作り、満足いく物ができるようになったらフリマアプリで販売してみようと思いました。

今回お話を聞いたのは

「legmos」ハンドメイドデザイナー

→https://www.instagram.com/legmos


是非チェックしてみてください!

16回の閲覧

©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。Wix.com で作成されました。