©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。Wix.com で作成されました。

コワーキングスペースのメリット・デメリット



近年、様々な形態のコワーキングスペースが誕生しています。レストランや宿泊施設が併設しているもの、個室がありオフィスとしても使えるもの、行政が運営しているものなど、多様化しています。


そんなコワーキングスペースですが、利用者にとってどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。


メリット① リフレッシュできる

職場や家とは異なる環境で作業ができることから、気分転換できる場所と言えます。また、職場と異なり、利害関心のない仲間と一緒に作業できることも、リフレッシュできる理由です。


メリット② 集中できる

職場で内線がかかって...。

上司から突然の指示出しが...。

雑談好きの同僚に話しかけられて...。

こんな経験ありませんか?コワーキングスペースでは、このような作業を中断する要因がありません。また自宅と異なり他の利用者の目もあるため、気が緩みにくいと言えます。


メリット③ 仲間ができる

社会人になって職場以外の新しいコミュニティを作るのはなかなか難しいものです。そもそもどこに行けば誰と知り合えるのかもわかりません。

コワーキングスペースは、利用者同士の交流を前提とした建付けになっています。当然多くの利用者もそのつもりで利用しています。よって非常にコミュニティができやすい空間と言えます。


このように、魅力的なメリットがある一方、やはりデメリットもあります。


デメリット① 月額コストがかかる

一番はやはりお金の問題です。カフェであれば使用する時にコーヒー代を払えばよいですし、自宅ならお金はかかりません。月額料金を払っているのに頻度が少なければ、コスパが非常に悪いです。


デメリット② 交流が生まれる

これはメリットでもありますが、苦手な人からすればデメリットです。ただ一人だけでずっと作業していたい人には、余計なイベントや活動が邪魔に思えてくるでしょう。

また、話し声が気になる人はイヤホンをするなどの対応も必要となります。


いかがでしたでしょうか。

コワーキングスペースはやはり、スペースごとの特徴と自分の性質をきちんと見極めて、自分とあっているかをしっかり確認する必要があります。


ブシツではできるだけお試ししやすいように、低価格設計での運用を実施しています。是非一度、体験や1カ月のキャンペーンでご利用をご検討くだださい。