©2019 by 広島県呉市初のコワーキングスペース~ブシツ~。Wix.com で作成されました。

コラム(コミュニティを作るメリット)

コワーキングスペース ブシツでは、『◯◯部』という形で簡単に自分でコミュニティをつくることができます。自分でコミュニティをつくるには勇気が必要ですが、コワーキングスペース ブシツは皆さまのコミュニティづくりをサポートします。


今回はそんなコミュニティに関するコラムになります。


(30代 子育て中の女性)

私は約1年前、子育てサークルという形でコミュニティをつくりました。自分でコミュニティをつくる、立ち上げる、というと大変なことのようにイメージされる方が多くいらっしゃると思います。既存のコミュニティに属する事が当たり前だった私も、そう思い込んでいました。


たしかに、自分で立ち上げ運営するに際しては、苦労することが勿論あります。ですが、そのデメリットよりもはるかにメリットの方が大きいと、いまの私は感じてます。


私は結婚出産後、夫の都合で、30歳にして人生初めて出身地を離れ、縁もゆかりもない土地に来ました。この年齢で、知らない土地で、子供を抱えて、どのように自分の居場所や人脈を開拓すれば良いのか、非常に不安でした。


その不安を解消すべく、自分の強みを活かしつつ、同じような悩みを持つ人たちと繋がる目的で子育てサークルをつくりました。自ら感じた課題『子連れで運動やリフレッシュができる場が無い』をきっかけとし、サークル目標『親子で一緒にリフレッシュ』を掲げ、サークル発足から約1年で市内最大の子育てサークルに成長しました。


よそ者のママが、大きな子育てサークルというコミュニティの代表になったことで感じるメリットは以下です。


①自分の居場所、人脈を拡げやすくなる

当初の私の不安は、サークルを自分でつくったことで解消されました。サークル活動、宣伝を様々な場所で行うことで多くの人に顔と名前を知ってもらえました。


②人生のあらゆる場面で、サポートを得やすくなる

上記の恩恵にもなりますが、新しく何かを始めたり、困った時など、相談できる人が多く、助けてもらえます。私の場合は、夫と共に新たな事業を始めるにあたり、子育てサークルを運営していることが大きく助けになりました。


③自分のペースで、人づきあいが楽になる

私は昔から人づきあいが苦手ですが、サークルを立ち上げ大きくしてきたことで、だいぶ楽になりました。リーダーとして人数を率いることは、エネルギーが必要です。ですが、自分が長なので、ある程度自分のペースで運営ができます。既存のコミュニティだと、どうでも良い些細な人間関係の悩みごとが多くあると思いますが、自分のコミュニティは自分でマネジメントできるので苦労も乗り越えやすいです。自分で小さな成功を積み重ねた達成感ややりがいが、人づきあいの苦手意識を解消させ、自信に繋がりつつあります。



12回の閲覧